偏頭痛が嘔吐を伴う理由について

query_builder 2022/07/15
コラム
34

頭痛にはいくつか種類があり、それぞれ症状が異なります。
中でも緊張型頭痛と偏頭痛が多く見られますが、緊張型頭痛は比較的痛みが軽く吐き気や嘔吐を伴うことはほとんどありません。
では、なぜ偏頭痛は嘔吐を伴うことがあるのでしょうか。

▼偏頭痛が嘔吐を伴う理由
偏頭痛は、何らかの原因で脳の血管が広がり、三叉神経を刺激することで起こると言われています。
三叉神経が刺激されるとそれが大脳に伝わり、やがて嘔吐中枢も刺激されます。
これにより、偏頭痛は嘔吐を伴うことがあるのです。

▼偏頭痛による嘔吐への対処法
偏頭痛で嘔吐を伴う場合は、痛みを抑えることで吐き気が治まるとされています。
そのため、鎮痛薬を飲んで痛みが緩和すれば、吐き気や嘔吐も軽減するでしょう。

■鎮痛薬が飲めない場合は?
嘔吐の症状が強い場合、鎮痛薬を飲んでも吐き出してしまうことがあります。
その場合は、まず吐き気止めの薬を処方してもらい、少し吐き気が落ち着いた状態で鎮痛薬を飲むのがおすすめです。
薬で対応が難しい場合は、整体院を利用してみてもよいでしょう。
体の歪みや血行不良が原因の場合は、効果的に回復します。

▼まとめ
偏頭痛は、何らかの原因で脳の血管が広がり三叉神経を刺激することで起こるとされています。
このときに嘔吐中枢も刺激されることで、嘔吐を伴うことがあるのです。
痛みを抑えれば吐き気が落ち着くと考えられているので、鎮痛薬を飲んで痛みを緩和させるのが効果的です。
嘔吐の症状が強く鎮痛薬が飲めない場合は、吐き気止めの薬から服用しましょう。

NEW

  • コラムを発信してまいります。

    query_builder 2022/01/04
  • 自律神経失調症のセルフチェックをご紹介

    query_builder 2022/10/01
  • 自律神経失調症とは?症状もご紹介

    query_builder 2022/09/15
  • 自律神経を整えるストレッチ方法をご紹介

    query_builder 2022/09/01
  • 自律神経が乱れる原因とは?詳しくご紹介

    query_builder 2022/08/15

CATEGORY

ARCHIVE